角五郎エリア情報

角五郎は広瀬川の北側に位置する地域です。仙台は全域で言えることですが角五郎は広瀬川沿岸の低い土地なので坂になっています。南傾斜の河岸段丘になっていて地盤は岩盤で地震に強い土地です。
また、学校や公務員住宅、警察官舎があり広瀬川そばの閑静な住宅地ということで安心して住める地域です。
南斜面ということで日当たりのよい地域ですが、仙台の藩政時代の名残りで 南北に長い土地が多く、必然的に大きな建物(アパートやマンション)は東向き西向きのものが多くなってます。
角五郎も八幡町同様、読めない方が多く、つのごろうとか かくごろうと呼ばれますが、つのごろです。

聖ドミニコ学院礼拝堂